2019.11 はてなブログから移行。

鮭釣りからのニシン釣り準備

おはようございます、モンユウです。

 

 

今日の空模様は曇りなのか、晴れなのか全く分からない状態です。

まっ黒な雲が流れてきたと思ったら、それが流れていくとその後は晴れの様な天気がやってきます。

と言っても決して気温が高い訳ではありません、気温は最高気温で6~8℃・・・寒い位です。

 

遠くの山を見渡すと、山は頂上に近い部分は雪で真白です。

 

 

さて今日の海の状態は・・・

 

今日の朝の偵察は、昨日の状態から判断して、パスしました。

当然、海は時化ていると判断したからです。

 

さて今日仕事に行って海を見る機会が有ったので写真を撮りました、ご覧あれ!!

 

 

 

オホーツク海の顔・・・

 

なかなかこの様な時化模様は地元の人でも見る事はできません。

 

 

なぜか?

オホーツク海は 夏場オホーツク海高気圧によって、抑えられているので時化る時は台風が来た時位で殆ど時化る事は有りません!

この様に荒れるのは

秋の終わり、冬の初めか春の流氷が去った後の頃には時化ますが、流氷が有る時は真冬なんですが意外にオホーツク海は海は静かなんです。

 

初めて冬のオホーツク海を見るとびっくりするかもしれませんが、流氷が有る時は波が有ったとしても流氷に抑えられるので海面が鏡のようになります。

 

f:id:turikichijob:20171031110058j:plain

f:id:turikichijob:20171031110219j:plain

f:id:turikichijob:20171031110255j:plain

f:id:turikichijob:20171031110314j:plain

f:id:turikichijob:20171031110345j:plain

f:id:turikichijob:20171031110404j:plain

 

 

 

と言う事で、ここ数日のオホーツク海は大しけで全くショアでの釣りはできません。

 

 

さてどうしたものか! 

 

港内では釣になるかもしれません・・・チカ釣りがメインと思います。

 

ただ気になるのは、外海が全く釣りにならない状態で濁りが港内に入って来るような時は、 カンカイが釣れるんですよね!

 

 

日曜日にカンカイ釣りをしていた釣仲に話を聞いたところ、夏に釣れていたカンカイが一回り大きくなったとの事です。

全てのカンカイが大きくなったと言う事ではないようですが、この日は昼間でも釣れていました。

最近はカンカイも夜釣りでなければ数釣りも出来ないと言う話でしたがこの日は日中も問題なく釣れていました。

 

餌は、少し変化したようでやはりイソメが一番と言う事でした。

夏場のカンカイ釣りではイソメ、えらこ、イカ、サンマ、ホタテの耳、・・・なんでも釣れました最終的には 釣ったカンカイのハラスでもカンカイを釣りましたよ!!

これは夏場にカンカイが競争して餌に喰いつくからだったんでしょうね!

今はカンカイ自ら餌を選択できるので、優劣が発生しているのです。

 

鮭が釣れなくなってきた今、少し別の釣りも考えなくてはいけませんかね!

 

ニシン釣り準備

 

と言う事で今日、ニシン釣り用のサビキを購入してきました。

 

この仕掛けが一番安い!

 

何故この仕掛けにするかといいますと、ただ安いからという事では無く実績ある仕掛けで且つニシン釣りでは不可欠の仕掛けをニシンにより絡ませて使い物にならなくなる事は頻繁に有ります、さらに遠投する際にリールのベールが戻って仕掛けが切れて飛んで行ってしまう事も良くある事です。

数釣をするには、適当な時期に仕掛けをチェックしてとりかえる事も必要なんです。

 

 

 

 

 

f:id:turikichijob:20171031110434j:plain

 

 

 

12号とは大きいと思うかもしれませんが、バラシを少なくする為と、小ニシンなど小さな魚が釣れないように大きくしています。

 

更にこれをばらして、針数を9本にしています。

 

                    以上