北海道発! 海釣り専門ノウハウサイト

釣塾 -TSURI JUKU-

オフショア(船上)でブリを釣ろう! 必要な道具を教えます

投稿日:

釣塾講師のモンユウです。今日の講義テーマは「オフショアでブリを釣るのに必要な道具」です。

 

ブリ釣りに必要なタックル

竿(ジギング用)

初めてブリ釣りをするからといって、最初から高価なタックルをそろえる必要はありませんが、100〜200gのジグを振るため当然それに対応できる竿を選ばなくてはいけません。

ダイワやシマノのようなメジャーなメーカーの竿でなくても問題はありません。金額的には最初は10,000円〜20,000円台の竿で充分です。ブリ釣りにハマってしまえば当然ゆくゆくはいい竿が欲しくなるでしょうから、最初はお求めやすい竿を選んでください。

 

リール

リールも最初はあまり高い物でなくてもいいと思いますが、意外とブリは力のある魚なので、あまり安すぎるのも問題です。

ドラグを上手く活用できなければ、ギアやベアリングがすぐに破損してしまいますので、修理を繰り返すとかえって高い買い物になってしまいます。

金額的には20,000円〜30,000円くらいの物がいいと思います。シマノのリールで有れば6000番〜12000番あたりでしょうか。これから購入をするのであれば、私は8000番をオススメします。

他メーカーの製品でもこれに準じた物を選択しましょう。

リールハンドル1巻き1mを超える物であることが重要な条件です。リールにはラインを巻かなくてはいけません。それにはPEラインが必要ですが3〜4号を巻きます。ラインを切る場合もありますので200〜300mは巻きましょう。

 

ジグ

最初は、経験者や釣り道具店のアドバイスを参考にして、ジグを2~3本用意しましょう。

160~180gのジグでいいでしょう。形や色などの選択が難しい点もありますが、次第に慣れて行くのではないかと思います。

 

プライヤー

これはフックやジグを交換する際に絶対必要です。

 

ショックリーダー(ナイロン)

18~22号を用意します。ボビンと瞬間接着材はPEとショックリーダーをPRノットで結ぶ際に必要なツールです。

 

寄り戻し(スナップリング)

可能であれば50〜100Lb(25kg〜50kg)対応の物を用意してください

 

スプリットリング

上記と同じく、50〜100Lb(25kg〜50kg)対応の物を用意してください

 

ナイフ等の処理道具

ブリを釣ったからそれで終わりと言う訳ではなく、直ぐに釣れたブリの始末をしなければなりません。

釣り船によってはブリの血抜きやえら落としなどをやってくれる船もありますが、自分でやらなければいけない場合も多々あります。釣り人全てがヒットした時などは、船頭さん一人ではいくらなんでも全てのブリの始末をすることはできません。

そのため、釣った本人もある程度処理できるようになることが望ましいですし、血抜き用のナイフなど用意しておかなければならないのです。

またブリの内蔵や血液は非常に臭いです。とても匂いがキツイため、直接クーラーに入れてしまうとその匂いがクーラに移ってしまうので、ビニール袋に入れてからクーラーに入れるようにしなければなりません。

 

まとめ

これでブリを釣るための最低限の物は用意できたと思います。

まずはとりあえず釣ってみて、周りの釣り人や経験者からのアドバイスを受けてから用意をするといいと思います。

 

最後になりますが、ブリ釣りの船代は8,000円〜10,000円くらいが相場です。釣れても釣れなくてもこの程度の船代はかかりますので、せっかくだからもとをとるためにたくさん釣れるといいですね!!

また救命胴衣ライフジャケットは釣り船に装備されていますが、念のため個人的にお持ちの方は持参してください。

スポンサードリンク

-ブリ

Copyright© 釣塾 -TSURI JUKU- , 2017 All Rights Reserved.