北海道発! 海釣り専門ノウハウサイト

釣塾 -TSURI JUKU-

釣り具は? テクニックは? 1から教える初心者向けカラフトマス講座

投稿日:

釣塾講師のモンユウです。今日のテーマは「釣りを始めたばかりの初心者の方に向けたカラフトマスの釣り方」です。カラフトマスを釣るにはそれなりのタックル(釣り具)、ツール、並びにテクニックが必要になります。

 

カラフトマス釣りのタックル(釣り具)

竿

竿の硬さは個人的な好みがあると思いますので自分にあった硬さの物を選択してください。対応ルアーウエイトは20~50gの範囲で十分です。長さは9フィート~10フィートの物がベストでしょう。

 

リール

海釣り対応リールの3000~5000番を用意してください。

 

タモ

釣り場によって変わる要素もありますが、タモの柄が5~7m、タモ枠が60~80㎝の物を選びましょう。

 

クーラー

25L~30Lのサイズがあれば安心です。

 

ライフジャケット(救命胴衣)

これはいかなる時も必須です。ライフジャケットを装着していないと、海上保安庁から注意を受ける場合があります。

 

以上の5点が最低限必要な釣り具です。カラフトマスを釣るには、まずはこれらの用意してください。

 

 

 

カラフトマス釣りのツール(仕掛け等)

次に必要な物は仕掛けや小物の道具ですが、「ウキフカセ釣り」「ルアー釣り」では用意するものに違いがありますので、分けて説明します。

ウキフカセ釣り

ウキ

ウキは一般的に4~10号があり、自分がどのエリアで釣るのがメインかによって使い分けます。ウキの重さによって飛距離に違いがでますし、また竿の硬さによっても使用できるウキの重さが変わります。

 

ハリ

フカセハリなんでもいいのですが、カラフトマス用のハリを用意してください。

タコベイトは主に1.5号ですが、場合によってはきびなごベイトの方がいい時もあります。その際はハリも少し小さめにしておきます。

 

ウキ止め

ウキを固定するためのゴムチューブです。

 

ハリス

ナイロンか、フロロカーボンの4~8号です。

 

リーダー

ショックリーダーとして使用しますが、PE直結でも問題ありません。

 

よりもどし

可能であれば海水にも耐えうる物を使用してください。

 

 

ルアー釣り

ルアー(ウキルアー用ウキ、ルアー)

ウキルアーセットで購入した場合はすべてそろっているので問題ありません。ルアー:ウキルアーの場合は20~35gで、ルアー単体の場合は10~20gが目安です。

ウキルアー用の仕掛けを自作する場合は、ライン(ナイロンかフロロカーボンの4~8号)、ウキを固定するためのゴムチューブ、よりもどしなどが必要になります。

 

ウキ

ルアーによってウキの大きさが設定されています、一般的に号数表示されている物は1号は3.75gで計算します。例えば6号であれば 3.75g×6となります。ウキがS・M・L・LL等の表示の時はルアーとウキの関係がどうかを釣道具店で確認してから購入しましょう。

 

ルアーの選択の仕方ですが、オーソドックスな物としてはピンク系・ブルー系・シルバー系など自由に選択してみて下さい。ルアー単体で釣る際は、カラフトマスは7~15gの軽量のルアーが有利の場合があるので、必ず用意しておきましょう。

PEとショックリーダの結び方など、ラインの結び方については色々なやり方があり、自分に合ったやり方を確実に自分のモノにして、釣り場で慌てることなくできるようにしておきましょう。

 

さて、これで道具は揃いましたね。続いて、肝心の釣り方について説明していきます。

 

 

カラフトマスを釣るテクニック

ウキフカセ釣り

「なんだウキ釣りか…」と安易に考えてはいけません。私はウキフカセをメインとして釣りをしていますが、いまだにこれが最適と言う方法が無く、毎年試行錯誤してカラフトマス釣りに臨んでいます。

「ウキが海中に沈みこんだら合わせを入れて一気に引き上げるだけだろ?」なんて単純に考えてはいませんか? ですが実はそれだけで簡単に釣れるほど甘いものではありません。よく釣り場で、「なんであの人ばかり釣れるんでしょう?」と言う声を聞く事がありますが、そこには釣れる人が実践している計り知れないテクニックが隠されているからなんです。

そのテクニックとは…「合わせを少し早くする」ことです。

カラフトマスは、鮭に比べるとウキを海中に引き込むスピードが速く、その餌から離れるのも早いです。ですから鮭よりも合わせを早くしてみるのもいいかと思います。そのためにも、カラフトマスの前アタリをしっかりキャッチしなくては合わせるタイミングが遅れてしまいます。

カラフトマスは喰いに来るのも早いですが、離れるのも早く、チャンスは紙一重です! 「チャンスを逃さないためにも前アタリを正確にキャッチする」ということを意識すれば、格段に上達すはずです。

他の人よりもたくさん釣り上げる釣り人は、絶対にこの前アタリを逃しません。…これが隠されたカラフトマス釣りの秘訣なんですね!

 

ルアー釣り

ウキルアーの場合は、ウキをセットしてあるルアーですからそのままの状態にしておいても一定の深さにしか沈む事はありません。しかしルアーはゆっくりとリーリングすることにより、カラフトマスにアピールし喰いつかせることができます。

7~15gのルアー単体の場合は、ボトムまでどの位の深度があるのかによって釣り方が変わります。比較的浅く泳ぐカラフトマスですから、カラフトマスの遊泳レンジを正確に把握する事が先決です。さらにルアーを引く際に色々変化を与えたり、早い速度で巻き上げることがいい結果につながる事もあります。

 

 

もう一つ重要なこと

カラフトマス釣りに必要な釣り具やテクニックについて説明してきましたが、ウキフカセ釣りにしてもルアー釣りにしても、何はともあれ「カラフトマスの群れを見つけること」がいい結果につながります。

何も考えずに竿を振るのではなく、まずはしっかりと海全体を見回してみましょう。「海面の状態の変化」「どこからともなく聴こえるボチャンと言うような音」を察知することができるようになると、今までと比べて抜群に釣れるようになります。

そうすれば、「偶然釣り上げた」のではなく「釣れるべくして釣る」ことができるため、大きな満足感を得ることができ、さらには自信にも繋がるのです。

 

…まあこれは初心者の枠を大きく超えたテクニックですから、中級者向けの講義でご説明いたします。

スポンサードリンク

-カラフトマス

Copyright© 釣塾 -TSURI JUKU- , 2017 All Rights Reserved.