北海道発! 海釣り専門ノウハウサイト

釣塾 -TSURI JUKU-

PEラインは毎年交換するのがベスト。

投稿日:

釣塾講師のモンユウです。

 

今年の鮭釣りもいよいよ終盤を迎えようとしています。私はまだ11月いっぱいはと思っていますが。この時期は天候に左右される事が多いので、一概に11月いっぱいと言っても残りの釣り期間の内、何日鮭釣りをできるかは分かりません。

当然、天候と言っても気温が問題となります。雪が降っていても風次第で寒くない時もあります、今のうちに今年の留意点および反省点を紹介したいと思います。

 

 

PEラインについて

毎年PEラインには悩まされています、私は鮭釣りで年に2~5回ほどPEラインブレイクを経験します。周りの釣人に聞いてもこれほどPEが切れると言う事は無いとの話をよく聞きますが、これをどう判断したらいいのか苦慮しています。

PEライン自体が問題だったのか、それともリールのローラー部分に傷などが有ったのかまたは竿のガイドに傷が有ったのかいろいろ実験もしてみました。

**最初に考えたのが、リールをそのままにしてPEラインを新品のものに変えてみる・・・結果やはりPEは切れる、私は通常PE2.5号を使用しています色々なメーカーのものを使用していますがこれにはさほど関係はなさそうです。

**次に竿とリールの組み合わせを変えてみました。

 

最初は 竿 exsence[シマノ]S1100H/R と リール  STELLA  [シマノ] 4000XG の組み合わせで釣っていましたが、これがどういう関係なのかは分かりませんがPEが切れる、リーダーで切れる訳ではありません。

竿とリール両方ともそれほど古い訳ではないのにこの事例が考えられなくそのまま使用していましたが、最盛期に連続3ブレイクが発生したので、これは何かが悪いと判断して竿とリールの組み合わせを変えてみました。

竿 exsence(シマノ)S1100H/R  と リール ツインパワー4000PG

なんとこれの組み合わせで PEラインブレイク解消されました。

 

となると、何が悪かったのか…多分リールのローラー部分に傷が有ったものと推測されます。

 

以後鮭では切られてはいません。色々変えてみてPEらいんは、現在写真のYAMATOYO FAMELL STORONG 8 BRAIDED3号150m46LBに落ち着いています。このPEラインを紹介します。

このラインでは滑りがいい事、普通PE特有のざらざら感が全くありません。滑りが良いので遠投にも抵抗感が無いので有利で有ろうと思います。

 

注意事項にも有るように、滑りやすいので結び方に注意とあります。

 

今年(平成29年)の後半はこのPEで通してみました、使い方も自分なりに工夫して10本以上鮭を釣ったらPEを使っている先の5m前後劣化しそうなところを切っていきます、やはりいつもこの作業を怠る事無しに鮭釣りはできません。

鮭釣りで今まで大きなランカーサイズでPEを切られているのはこの作業をしていない事が一番の原因なんでしょう。

 

有る程度PEの先端部分を切っていって20~30M短くなったところでPEラインをひっくり返して巻き直します。

これで1年間PEを使いまわします、毎年PEを新しくすると言うのも大切な事と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

-鮭(アキアジ)
-

Copyright© 釣塾 -TSURI JUKU- , 2017 All Rights Reserved.