2019.11 はてなブログから移行。偵察&釣行記事は更新停止中

ランクC.カラフトマス定置網を見て/ 今日の紋別港カラフトマス釣り情報

 

 

おはようございます、モンユウです。

 

 

今日の紋別港カラフトマス釣り情報

 

朝4時過ぎに行ってきましたよ、カラフトマス釣りのつもりで・・・!!

 

気配がありませんでしたね!

 帰りに港の偵察に行ってきたらなんとびっくり・・・

 

港内の堤防の上に蝦夷鹿3頭が・・・。

ここに行くには泳いで行くしかないと思うのですが…どんな風に!!

 

 

***********************************************************************************

 

 

ここ数日朝にカラフトマス釣りに参戦しています、兎に角暑いので朝のまだ涼しい時間帯のみと思って釣をしているのですが、さっぱりですね!

 

海岸線を車で走る時も海岸線に注意を払って『跳ねは、もじりは…!!』と。

確かにまだもう少し早いという事は分かっているのですが、気になって駄目なんですね充分対向車や車線には気を付けていますよ!!

 

 

 

さてカラフトマスの漁はどこで判断するといいか?

 

 

カラフトマス釣りに行って実際釣をしている最中にどれだけの本数が網に入っているのかを判断するには、カラフトマスの定置網をおこしに来ている小型の船で判断する事になります。

 

下の写真は今年のものではありません、

 

今年の網揚げに来ている船は(定かではありませんが)船の舳先に柱のよなものがついていると思います、これは定置網のふくろ網からカラフトマスを掬いあげる際に人力では無理な時にリフトの役目を果たします。

 

 

 

 

f:id:turikichijob:20190730144222p:plain

 

 

 

しかしまだ今年の船は

このリフトがついていないものが網おこしに来ているのです。

 

これは定置網に入っているカラフトマスの漁が少ないからか?

 

 

それと確実に言える事は網おこしを見ていて確実に短時間で網おこしが終了となっているこの事実で理解できると思っていますが。

 

今日の網おこしも短時間で終了していました。

今年の始まりは早かったものの…大きな進展はありませんね!

 

 

         以上でした。