2019.11 はてなブログから移行。偵察&釣行記事は更新停止中

ランクC.潮の干満と釣果について/今日の紋別港釣り情報

      

 

                おはようございます、モンユウです。

 

 今日の天候は曇り時々雨で予想最高気温は15℃・・・昨日より13℃も低いという事です。

 

今日の紋別港釣り情報

朝仕事中に紋別港偵察に行ってきました。第3埠頭ではニシンが多少釣れていました。

f:id:turikichijob:20190529083605j:plain

 

 

町中の藤・・・素晴らしいですね!!

f:id:turikichijob:20190529083612j:plain

 

 

昨日

紋別流氷タワー2階通路の偵察に行ってきました。

ご覧の通り・・・

いい感じなんですがね~!!

釣り人はいませんでした。

f:id:turikichijob:20190528155706j:plain

 

 

内港…ガリンコ号と釣り船です。

f:id:turikichijob:20190528155709j:plain

 

 

残念ながらこの場所は釣り禁止になってしまいましたね!!

f:id:turikichijob:20190528155712j:plain

 

 

 

 

 

******************************************************************************

 

潮の 干満と釣果についてちょっとだけ振り返ってみます!!

 

こんな事は学者や専門家がきちんとした知識を持ってそれなりに研究してすでにあらわされている事なんですが、私としてもそれなりの知識と言うより経験がある訳で

知識と経験の違いは、なんて考えてみました。

 

釣りには机上で得たものとはかけ離れている事が多々あります。

ハッキリ言って予測困難な所もあって、予測が当たる確率は50%に満たないでしょう。

 

毎日釣りに行っていて、潮も良いので明日は絶対に釣れるという事であっても全く釣れない事があります。その理由はと聞かれると私には素直に『分かりません!!』と言うしかありません。

 

カラフトマスや鮭釣りで昨日釣れた場所が次の日も釣れるとは限りません。

(回遊コースとは違います、回遊コースで釣る場合はほぼ毎日同じ様な場所で釣れます。それは海底の地形や海藻類などの障害物に左右されるからです、それらのものを避けるように回遊するのでほぼ同じになると考えています。)

 

 

 

さて次の潮汐表は5月27日(月)「小潮」のものですが・・・

 

小潮だから釣れないと言い切れるのだろうか、(5月27日ですから実践的にカラフトマスや鮭の事は考えられない)

これを見る限りでは、朝はそれほど釣れないと考えられる。朝は満潮で潮の動きはそれほど無いように思われるので魚の回遊が限られる。それが夕方にかけて一機に干潮になる。

これは狙い目であると思う、しかし昼から釣れるという事は滅多にない。どうしてかは分からない。

 

昼前位の潮が良いのではないだろうか!!

毎日釣りに出かけている私の実感として釣れる時間帯と言うのがあって

  • 朝のマヅメ
  • 朝~6時半
  • 7時半~9時
  • 11時~12時半・・・

不思議な事なんですがずっと通しで釣れるという事は無いのです、必ず釣れていたり釣れなくなったり繰り返す事が多いのです。

勝負は朝~午前中で潮の動きが良く干潮(引き潮)は時期で有れば間違いなく釣れそうだ!!

 

 

 

f:id:turikichijob:20190527180030j:plain

 

 

さて次は5月29日(水)『長潮』です。

ぱっと見て、これは釣れないのかなと思われます、なぜなら潮の動きがそれほどないからです。特に干潮の底が50㎝もあり干満の差がそれほど無いと言う事が理由です。

f:id:turikichijob:20190527180033j:plain

 

私が思うこと・・・

経験的に申しますと、防波堤などでの鮭やカラフトマス釣りはどちらかと言いますと満潮より干潮の時の方が釣れます。それも干潮の底では無くやはり上げ下げ3分位がベストのような気がします。

 

 

さて他に大潮・若潮などありますが大潮の干潮が一番ですかね!!

長潮・若潮などだら潮の時はやはり魚の回遊が少ないように感じます。

 

 

これらはあくまでの経験的な物で実際こうであるとは言い切れませんので付け加えます。

 

 

       以上でした。