2019.11 はてなブログから移行。偵察&釣行記事は更新停止中

ランクC.今年の初振り!!・・過去記事から・・/今日の紋別

おはようございます、モンユウです。
きょうは気温も上がるようなので思い切って朝サクラマス狙いで行ってみました。

今日の紋別

 

天気予報と違う!!

風は冷たいし、波も多少あり。

それでも釣りに行ったからには取り敢えず竿を振ってみました。

今年の初振りです。(釣ろうなんてことは微塵も考えていません!!)

 

f:id:turikichijob:20190414084358j:plain

 

どうですか?いい感じなんですがね!

まだ早いのでしょうか。

f:id:turikichijob:20190414084402j:plain

f:id:turikichijob:20190414084408j:plain

当然釣れませんでした!

 

2012.8.24のカラフトマス釣り歴

どうしてこのような写真の撮り方をしたか?

 

こんな撮り方非常に面倒臭いです、本当はまとめて撮った方が楽なのは分かり切っています。

しかしこの写真は上から時系列に釣りあげたカラフトマスを順に貼り付けています。

 

これでなにが分かるか?

 

 

皆さんは何をどう感じますか?

 

ただなんとなくの、釣れたカラフトマスの写真であると思わないでください。

私は私なりに考えて写真撮りしました。

 

この時、群れが通過するたびにヒットしていました。

 

ですから、その群れの相対的な群れの一群の成熟度が大凡判断できないかと写真を撮ってみた物です。

 

大体中間時点で、少し新しい群れが来たように思われます、後半は殆どホッチャレのセッパリカラフトマス!これは少しがっかりでしたが、これは止め時の合い図かもしれません。

この止め時を判断する材料として見ていただければ幸いです。

 

 

 

私の本心は…、こんな事をしないで釣っていたらもっともっと釣れるでしょう。

周りの釣り人がヒットしているのを横目で見ながら写真撮りをしている心境を察してみてください。

私も単なる釣り人ですから、釣れている最中に釣りたい気持ちを抑える。この自制心…これでも苦労しているんですよ!

 

 

上から一枚目と三枚目のタコベイトを比べてみてください。

随分とタコベイトの脚が少なくなっている事が分かります。

それだけ激しいカラフトマスとの戦いであった事を物語っています。

 

 

次の成熟度判別を自分なりに判別してみたので参考にしてみてください。

 

 

  1.  ランクC  岸寄りして4~5日でしょう

f:id:turikichijob:20170509213549p:plain

 

2.ランクD

f:id:turikichijob:20170509213624p:plain

 

3.ランクD・これは岸寄り6日目以上

f:id:turikichijob:20170509213646p:plain

 

4.ランクB これも岸寄り3日目でしょう!!

f:id:turikichijob:20170509213719p:plain

 

5.ランクDとC   岸寄り3~7日

f:id:turikichijob:20170509213810p:plain

 

6.ランクC 岸寄り3~5日

f:id:turikichijob:20170509213843p:plain

 

7.ランクB・・・これは岸寄りして2日目位でしょうか!・・・

ここが多分ピークでしょう!!頑張りタイムですよ~~~!!が分かるような気がしませんか?

f:id:turikichijob:20170509213925p:plain

 

8.ランクB・・・これは3日目でしょう、これは大きさもグッドです。

f:id:turikichijob:20170509214003p:plain

 

9.ランクD、C,C。上のセッパリは早く岸寄りしていてその後、その下のカラフトマスの群れに追随しているものであろうと推測できます。

f:id:turikichijob:20170509214023p:plain

 

 

10.ランクE  これは10日以上前に岸寄りしたものでしょう。これが釣れると言う事はほぼ全体がこの成熟個体とほぼ同じと考えられるので、釣り終了と言う事…。(絶対ではありませんよ!参考まで!)

f:id:turikichijob:20170509214050p:plain

 

 

ランク付けしてみました。

 

A⇒B⇒C⇒D⇒Eの順で成熟度を示してみました。

Bランクはちょうど中盤(写真4・7・8)でした。ここが勝負時だったんですね!

 

この時に釣れ! このタイミングで!

 

            以上でした。