2019.11 はてなブログから移行。偵察&釣行記事は更新停止中

ランクB.こんな時どうする!NO.85『海の色と釣果の関係』『スケールについての考察』

おはようございます、モンユウです。

 

今日の紋別

又雪が積もってしまいましたね!!

水分を充分に含んだ重い、雪です。

これが固まると結構滑るんですよね!!

f:id:turikichijob:20190326121223j:plain

f:id:turikichijob:20190326121226j:plain

 

 

ランクB.こんな時どうする!NO.85『海の色と釣果の関係』・『スケールについての考察』

 

 

 

 

 

釣った魚の写真をこのアングルで撮る事が多い訳です、

 

考えてみると竿にメジャーとまでとは行かなくてもスケール…サイズが分かるような数値の目印があるといいのじゃないかと思うのですがどうでしょうか!!

 

 

課題として検討してみます!!

f:id:turikichijob:20190316155051p:plain

f:id:turikichijob:20190316161852p:plain

参考までに!!**************************:

 

簡単な物で良い訳です。(下のように竿に目印が有ればいい訳です)

図のような目印が有れば大凡のレンス(Length)を簡単に把握できるうえに写真でも分かります・・・!!

 

考えてみますね!!

 

この様な目印でもあるといちいちメジャーを出す必要もないし良いのでは?

f:id:turikichijob:20190316160636p:plain

 

 

 ******************************************************************************

こんな天気、こんな海模様で釣れるかどうか?

 

どう思いますか!!

f:id:turikichijob:20190316162102p:plain

結論から~少しは釣れるかもしれませんが、釣れないと言う判断です。

時化る前の状態では無いからです。すでに時化が継続していて海の色が濁ってきている状態なので鮭などは防波堤とかくからは離れている事が多いです。

 

海の色は釣果に非常に関係してきます。

海の色について考えます!!

 

  1. 白っぽい青
  2. 透明のところと濁りの部分がハッキリ分かる時
  3. 透明
  4. 薄茶色
  5. 茶色

 

これは確実な物ではありませんが、大体この様な順で釣れる事が確認されています。

 

上から順に釣れる条件を満たしています。

5.6・・・・5,6の茶色では20%の確率です。ほとんどは釣れません、ただ最盛期にはこの濁りの中に群が紛れ込んでいて多釣りができるチャンスがありますが、私の経験では本当に数える事が出来るぐらいしかありません。

 

4.・・・・透明で有れば釣れると言う事はありません、鮭やカラフトマスなどは透明な海の色の中を悠々と泳いでいるのを見る事があると思いますが、そんな時は釣れない、餌に反応を示さない事が多いです。こんな時は早めにこの中での挑戦は諦めて少し離れたところで狙う方が良いかもしれません。

 

3.・・・こんな時の狙い目ゾーンはやはりこの海の色の境目でしょうね!!

 

2.・・・青色と言っても単純な青では無くて海水と空気が混じり合った青、魚が完全に浮いていなければ見えない状態で、水深1mを超えると見えない感じの色の時は少しタナを深めにして釣ると良いです。

 

1.・・・これは時期で有ればどんな事をしても釣れますね!!しかしこの様な条件がそろうと言う事はあまりありません・・・けれども、最高のパフォーマンスを見せてくれます。

今まで高釣果を得たのはこの時ですね!

 

 

              以上でした。