2019.11 はてなブログから移行。偵察&釣行記事は更新停止中

ランクB.こんな時どうする!NO.53『ウキフカセ釣りでハリ2本仕掛けは有効か?』/今日の紋別(流氷)

おはようございます、モンユウです。

 

 

今日の紋別(流氷)

本日快晴・・・気温も高め・・・と言っても朝の気温がマイナス2ケタになっていないと言う事ですが!!

 

流氷は少し離れましたが、ガリンコ号にとっては丁度いい感じじゃないですかね!!

f:id:turikichijob:20190216083455j:plain

f:id:turikichijob:20190216083459j:plain

 

 

流氷と海面の境目あたりは航行するには最高なんじゃないでしょうか!!

少し離れたところのガリンコ号なので私のデジタルカメラじゃハッキリとは撮れませんね!!

f:id:turikichijob:20190216083502j:plain

 

 

 

流氷はやはり弁天岬より沙留側の方が多いようですね!!

f:id:turikichijob:20190216083505j:plain

******************************************************************************************** 

 

 

ランクB.こんな時どうするNO.53『ウキフカセ釣りでの2本針仕掛けは有効か?』

 

詳しい事は分かりませんが、時々この様な仕掛けで釣っている釣人を見かけます。

釧路方面の釣人の仕掛けのようです。

この様な仕掛けを全否定するつもりはありませんが、これについて私の自論を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!

ハリとハリとの間の長さが問題であると思います。鮭やマス類はどちらかと言うと頭の上の方に目がついています、余程でなければ頭を下にして、下の方を見る事はありません。ほとんどの鮭類は前方上下どの範囲を見る事ができているのか?・・・

人間が考えるよりももっと広い範囲を見ているものと考えます。ですからその見えている範囲に別段2本のハリをセットしておく必要は無いものと考えます。

 

 

 

f:id:turikichijob:20190213153041p:plain

鮭などの捕食の時はどのように喰いつくかと言いますと、・・・これは実際にその場を目撃していなければ理解できないと思いますが、数m先から猛アタックしてくる事があります、そんな時は例えば5m前ですと鮭の見えている範囲は上下2m以上はあると思います、となるとハリ2本ともに視界内にあるはずです。こう考えると2本バリにする必要は無いと考えます。

 

 

f:id:turikichijob:20190212213409p:plain

 

 

小魚等を釣る時のように複数のハリをセットするのとは違って、魚の大きさ魚の回遊量などを考えると一度に2本の鮭ヒットとは考えづらい・・・そんな訳で私は1本針で行こうと思います。

 

こんな風に考えましたが・・・どうでしょうか?

 

 

それと複数本のハリをセットすると絡みが多いのも確かです。

大体一番釣れている時とか、鮭の群れが通過しているなんて時、焦って投げる時に絡む事が多いです。

こんな余計な事が発生しないように・・・!!

 

 

               以上でした。