2019.11 はてなブログから移行。偵察&釣行記事は更新停止中

ランクB.こんな時どうする!NO.48『天気(雨)と鮭の関係』/今日の紋別(流氷)

 

おはようございます、モンユウです。

 

 

 

今日の紋別

今日は久々に寒くない・・・(おかしな話ですが!!)朝のマイナス2ケタ行かずですから!!

 

 

紋別公園の展望台付近で流氷を見てきました。

中々沿岸ビッシリとまではいかないようですね!

 

 

流氷本体で有れば氷の塊があるのでごつごつしています、写真で見る範囲ではそれほどごつごつ感がみられませんので海水が凍ってそこに雪が積もった状態と考えられます。

f:id:turikichijob:20190211095237j:plain

f:id:turikichijob:20190211095242j:plain

 

f:id:turikichijob:20190211095251j:plain

 

 

******************************************************************************

 

ランクB.こんな時どうする!NO. 48『天気(雨)と鮭の関係』

 

雨降りに釣れると言う事は良くあります、私も雨降りに爆釣経験を持ち合わせています。

 

雨降りに釣れると言う事実は確かに有りますが、その状態を思い出してみると数種に分ける事が出来ます。

 

 

  • 雨が急に降りだしたのだけれどもそれほど強い訳でもなくどちらかと言うと前線通過時に降る雨でこの前線が通過すると雨もやむ状態の時。

    ~雨が降っている最中も釣れた実績はありますがどちらかと言いますと雨が止んだ瞬間にビックリとした事があります。それは雨が止んで陽が出た瞬間に海が白濁してそれまで見られなかった鮭が急にはね出しました。その跳ねは部分的では無く釣をしている海全体でそのような状態になりました。それは映画を見ているようでした。雨後なので釣人は2名、何処を狙って釣ったらいいのか分からなく適当に投げて数匹釣ったのですが時間の経過とともに海の白濁した状態がおさまり鮭の跳ねも無くなり釣れなくなりました。もう少し上手く対応していたらと後悔したものです。

 

この様な雨の時は雨が止んだ時の海が白濁しているかどうかです。

 

 

  • 下の写真のじ応対です。雨がしとしとと継続的に降っている状態です、雨の強さは強くありません。

      ~この釣り場には先に釣り仲がいっていて私は遅れていきましたが雨が降っている状態なのでこの釣り場全体でも釣り人は5人位でした。さて鮭の状態がどうであったかと言いますと、港内の中央付近で時々跳ねるものの群れ自体は見えませんでした、それが少しして鮭の跳ねでは無くもじりのように鮭が背中を海面から持ちあげるように静かに泳ぎます。(どちらかと言いますといるかが背中を出して泳ぐ様に似ているかもしれません。)そこにウキを投入すると投げるたびにヒット!!

釣り仲と合わせて数十本の鮭を釣りあげました。

 

跳ねると言うより『もこ、もこ』と背を持ちあげる泳ぎ方をする時です。

この時は釣れるような気がします。

 

 

 

 

 

f:id:turikichijob:20190208152557p:plain

f:id:turikichijob:20190208152656p:plain

 

 

            以上でした。