2019.11 はてなブログから移行。偵察&釣行記事は更新停止中

ランクC.NO.26こんな時どうする!『ウキとハリとの間の寄り戻しは?』/ 今日の紋別

おはようございます、モンユウです。

 

 

今日の紋別

今日の気温はそれほど低くはありませんが、雪がちらついています。

 

 

 ***************************************

 

ランクC.こんな時どうする!NO.26『ウキとハリとの間の寄り戻しは?』

 

下の図のようにウキとハリとの間に寄り戻しを付けるか付けないか?・・・・・・・・・・・・・・・・・私は寄り戻しを付けて釣った方が良いと考える。

 

『より戻しの大きさは色々あるので自分に合った物を使用すると良い。使用するより戻しは錆びないものを使用する事が重要である』

 

 

  • 寄り戻しを付けない場合~

   カラフトマスや鮭にとっては抵抗感が無い訳でこの方が良いのかもしれない、しかし魚にとってはいいのかもしれないが釣人にとっては問題点が多い。

それは、餌を付けている訳だから巻きあげる時や合わせを入れた際には少なからず其の餌は回転してハリ上部分(ハリス)によりがついてしまう。この事が直接釣果に影響を及ぼすとは考えられないが私にとっては意に沿わないものである。

 

更にもう一点より戻しを付けないと言う事はハリス部分がウキまで以上の長さにもなる訳で長すぎる、この長すぎると言う事は、魚によりハリスに傷がつくとかテトラやコンクリートでも傷がつく…・そうなるとハリスを交換しなくてはいけない。全体を交換するとなると時間のロスである。

 

 

 

f:id:turikichijob:20190117130305p:plain

  • より戻しを付ける場合~

 

私はこのタイプの仕掛けである。以前は寄り戻しなしの仕掛けを使用していた事もあるが交換が不便と言う事もあり寄り戻しで結んでいる。

 

(より戻しで繋いでいる時はそこまでの長さなので交換が楽にできる。)

 

より戻しを付けると其の部分の微妙な重さに魚は抵抗を感じるか?

 

***これは魚に聞く事はできないが、魚が餌を咥えた際にすぐに吐き出す時もある・・それは抵抗感があったからだろうか!

全く無関係に喰いつきに来る時もある!!・・・どちらが正解か?・・・不明

 

 

餌を海中に落し入れた時其の餌がひらひらと漂うように落ちていく・・・これも魚には非常に関心を与える物である。

 

より戻しを付けていると其の大きさにもよるが海中に沈んでいく速度が早くなる・・・これは群の中に早く落し入れるためにはこれも必要かもしれない。

投入したがいいが餌の落ちて行く速度が遅くて魚が通り過ぎてしまうなんて事を経験した事はありませんか?そんな時は少しでも重い方がと考える物である。

 

それとこの寄り戻しの重さが多少波がある時や潮の流れがきつい時などにはどうしても必要になる。遅さが無ければ餌が浮いてしまって全く釣にならない時もある。

 

 

より戻しは必要不可欠と言うまででは無いが、付けていても全く問題が無いだろう。!!

 

 

 

            以上でした。