2019.11 はてなブログから移行。偵察&釣行記事は更新停止中

カラフトマスの群れが台風の目に似ている?【群れの観察】

おはようございます、モンユウです。

 

昨日は終日の釣り三昧、流石に疲れて8時には眠りにつきました。

 

さて今日は流石に早く寝たので夜中の12時頃に目が覚めたけれども、2度寝をしていまい気がついたら3時過ぎ…。

 

 

今日のカラフトマス釣り

今日は朝の釣り人は少ないだろうとゆっくりと4時半に釣り場に到着するも、釣人が予想以上に一杯です。

 

すでに釣れているようで、釣り仲がいるところまで移動。

 

釣り場の提供を受け、釣り開始です。

最初はいつものエビで釣っていましたが、相変わらずのカンカイの猛攻で、たとえカラフトマスが群れが回遊してきたとしても、その群れの中になんとカンカイがいるんですよ。

 

引いたと思って合わせを入れるも、カンカイということが何回も…。

それでつい中途半端な合わせをした時に限って、カラフトマスが喰いついているんです。

合わせが中途半端なのでバラシ!

重さを感じカラフトマスの魚体が「ギラッ!」っと光るのを確認できたのも数回。

 

これは「イカン!」とあわててイカの餌に切り替えてみます。

 

やはりカンカイ対策にはイカが必要かもしれません。すぐにあたり…きょうの1本目ゲット。

 

今日のイカは皮を剥いて作ったものなので、これでもカンカイの攻撃に遭うと段々と小さくなってきます。

 

それでもその後2本ゲット。

f:id:turikichijob:20170817074707j:plain

 

 

そう言えば、今までタコベイトの足がちぎられているのに其のちぎったものの正体が判明されていませんでした。

フグであろうと言う事は予測できましたが、現物を見ていないので分かりませんでした。

しかし…本日釣り仲が釣ったフグで正体見たり!

f:id:turikichijob:20170817074743j:plain

 

 

台風20号『カラフータ』

今日のカラフトマスの一番釣れていたところは、何とカラフトマスがとぐろを巻いていて本当に台風の目のようになっています。

 

宇宙衛星から見た台風の映像とほぼ同じです。台風の目があるようにカラフトマスはある部分を取り巻くようにドーナツ化現象です。

 

それも台風と同じ時計周りです、北半球は渦なども時計周りと言う事ですがこれと同じなんでしょうか。

 

なかなか喰いついてきませんが時として喰いだします!

 

釣りとしては面白みに欠けますが、魚を見ているだけでも楽しいのは確かです。

でもこの台風は同じようなところでほぼ移動せずにいます。

 

これは今年の台風と似ていませんか? 迷走したあげく偏西風に乗って移動。

 

カラフトマスも同じように一定時間になると進路は決定していまうのでしょうか?

今まであまり考えた事は有りませんがどういう法則にそって動くのでしょう。

 

これが分かればもっと釣果は上がりますね!