2019.11 はてなブログから移行。

気になる天候/   今年の鮭回帰について!!

 

  こんにちは、モンユウです。

 

 

12月4日です。

 

気温が普通ではありません!!

 

朝には雨も降っていましたが12月に雨・・・本州ならまだしも北海道のこの地で雨とはビックリですね!!

 

これは暖かくていいと思うかもしれませんが、北海道民にとってはこの今はたいした問題では無いのです、この後の天気の方が気になる訳です。

 

 

明日からは急激に気温が下がって真冬日になると言う事で、土曜日は大荒れになり吹雪く所も出てくると言う事なので今から準備をしておかなくては対応できません。

 

除雪道具の準備!!

 

防寒着の準備!!

 

防寒靴の準備!!

 

毛糸の帽子・手袋等など・・・簡単なことではありません。

 

 

 

今日の釣り情報

 

今日は仕事で沙留まで行きましたが、今日の海は12月の海ではありませんね、何と、おとなしく波も殆んどありません。

 

鮭釣り時期にこの程度の波であったらと思う位でしたよ!

f:id:turikichijob:20181204130219j:plain

 

ところで、この様に海が穏やかな時に釣人は一人もいません。

 

鮭釣りは当然終了しているのですが、チカ釣りやカンカイ釣りはまだできると思うのですが。

 

 

 

 

 

******************************************************************************

 

今年の鮭はちょっと違うな~!!

 

今年の鮭についてちょっと振り返ってみます。

 

先ず鮭釣りは

8月初旬に太平洋から始まりました、この事は普通なんでしょう。

しかしその釣果につきましては8月一杯9月・10月まで継続して半端無いだけ釣れていたようです。

 

私の釣り仲も太平洋での鮭釣り釣果が今年は順調で土・日だけの鮭釣りで軽く200本超えとの事です。

 

 

太平洋では8月の鮭釣りは普通でありますが、・・・・・これが紋別近辺での8月つまり

カラフトマス釣り時期において鮭が混じる(意外と鮭の方が多い日もあった!!)状況であった。

この8月時点での鮭釣果により、今年はどれだけ鮭が釣れるのかと思ったのですが相反して9月以降は鮭の釣果が極めて少なくなった。

この9月に入っても太平洋や日本海での鮭釣りは順調のようであった。

 

 

 

オホーツク海での鮭釣りは例年は釣れているはずの目梨泊や問牧、枝幸、乙忠部漁港などの所での不釣が際だっていた。

 

それに引き換え、稚内方面・浜猿払方面~~~~~常呂・網走以南では好釣

 

 

この事をどう見たらいいのか・・・全く分からない!!

 

 

全体的に釣れていないのなら納得はできるのである、紋別付近だけ釣れていないと言う事も過去にはあった、しかし紋別近辺だけでは無くオホーツク海の約半分が釣れていなかった。

 

それにしても、鮭の回帰が8月初旬と早くなってきた事は事実である、これは放流時期が関係していただろう、それと今年の鮭が小型化してきている事については鮭の放流時期が重なっているので放流数に対して鮭の就餌が難しかったのであろう。

 

 

 

今年の鮭は終盤全く少なくなった・・・やはり放流の関係はあっただろう。それと4~5年前の放流してからの天候(海の状況)がが大いに関係していると思われる。

 

今後どうなるか不安である。

 

 

          以上でした。