2019.11 はてなブログから移行。

鮭釣り!ここなら釣れるか?/ 今日の 紋別港

おはようございます、モンユウです。

 

 

 

 

今日は晴れて気温も多少上がる気配は有りますが、日本海側は荒れているようです!!

午後から天気が崩れるとの予報でしたが・・・!!

 

 

今日の紋別港偵察

 

紋別港偵察に行ってきました、紋別港第2埠頭釣人はいませんでした。

 

f:id:turikichijob:20180124121120j:plain

 今日はオジロわしもいませんでした。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

ここなら釣れそうだと言うような場所を、見つけたらもう最高ですよね!!

そんな場所がきっとあるはずなんですよ!!

 

 

鮭特別採捕用定置網について

今日鮭の定置網にスポットを当てて考えてみます。

私たち釣人にとって、定置網は直接関係ないと思いますか?、それは当然網の仕掛けているすぐ近くで釣をして仕掛けなどを網に絡めたりすることは問題ですが、今考える事はその場で釣ると言う事では無くて回遊する訳ですから、その近くを鮭は泳ぐはず!!

 

そんなことから考えてみます。

 

紋別近辺の鮭特別採捕定置網は紋別に2、沙留に1  設置されているようです。

 

この鮭特別採捕用の定置網と一般的な鮭の定置網の違いは!!

 

カラフトマスの定置網は岸からすぐ近くに設置しているのですが、9月15日には全てのカラフトマスの定置網をあげて、鮭の特別採捕定置網を設置しますがその鮭用の網が岸砂浜の陸の部分から沖まで伸びています。

 

当然岸に寄って来た鮭は其の定置網に誘導されるように網の中へ仲へと入っていく訳です。岸寄りした鮭はほとんどもれることなく網の中!!

 

岸から200~300mの位置に先端があって両サイドに袋網(長方形型)が設置されています。

 

 

 

f:id:turikichijob:20180121133217p:plain

 

 

 

 

f:id:turikichijob:20180121133117p:plain

f:id:turikichijob:20180121133152p:plain

 

 

さて、この鮭特別採捕の定置網では一番鮭が網に入る訳ですからこの近くで釣をしたならば釣れると言うのは80%硬いでしょう!!

この鮭特別採捕の定置網はどこの港でも設置できる訳では無いようで、港内などで鮭の中間飼育をしている鮭の採捕を目的として設置しているらしいです。

 

定置網の脇には網が動かないように引っ張っている枝のロープがたくさんついているので近く釣るにはそのロープを外した所で釣らなくてはいけません。(この近辺で釣ろうとする釣人は充分注意してください!!)

 

さて釣れる位置的な問題は別として何時釣れるのかは、岸から近い定置網なので鮭の群れが近ずいているならば、鮭のはねやもじりがあります。

これもいつもと言う訳では無いので普段から意識して定置網周りの偵察をしておく事がチャンス遭遇に巡り合う事が出来ます。

朝マヅメの凪の時には要注意です!

この時期はすでに釣れている場所での釣をしているかもしれませんがあえてこの様な場所での偵察をしてから目的の釣り場に行くと言う事も考えておくといいですよ!!

 

 

釣人がこの場所にいない時は、群れを見つけた場合ヒットしてもあえて無理なリーリングをしないで鮭を暴れさせないようにして釣ると更に次の鮭をヒットさせる確率が高くなります、ですから自分のペースでしっかり群れを見ながら鮭などがどう移動するか・・・

なるべく移動させない様な釣り方をする事が大切です。

 

きっと釣れる場所があるはずですよ!!

        以上です。