2019.11 はてなブログから移行。

令和2年サケ釣り回顧(反省を含めて)

令和2年のサケ釣りを振り返って来年を占ってみようと思います。

 

その前に今年のカラフトマスについて~

先にカラフトマスについては、最近には見られないぐらいのカラフトマス釣果を得ることができたということをアップしました。

今年のカラフトマスは7月の下旬から釣れ始め9月の中旬まで釣らせてもらいました。

8月の初旬にはカラフトマスの中に混在する鮭を数匹釣りあげ、今年のサケは『良さそう!!』と感じていて、大いに期待したものでした。

(カラフトマスと鮭)今年のカラフトマス釣りは好調に推移しましたが、それとともに8月の鮭がカラフトマスの群れに混在して例年以上の釣果を得ることができました。

しかしこれが以降のサケ釣りにどれほどの影響を与えているかを知る由もありませんでした。

9月に入っていよいよ鮭釣シーズンといった時に、釣り場では過去に例を見ないような事態が発生しました。確かに去年ぐらいから小フグが増えてきているといった状況ではありましたがまだがんができる状態でした。

しかし今年については、とんでもないことになっていました、「誰が予想したでしょう!!」

1投で餌がなくなってしまいます、それも時にはまったく魚のアタリを感じることなく餌を取られてしまっているのです。当然ウキに何らかのアタリを感じた時にはその時点で餌は消滅です。

餌についてもいろいろ工夫をしてみました。いかにすれば餌持ちをよくすることができるのかと!!

ほとんどの餌について実験してみました、最終的にはブリやマグロの皮ではどうか?といったことまで確かめてみました。しかし確かに餌持ちはよくなりましたが鮭の喰いが半分以下になることがわかりました。

ソーダカツオやエビでは・・・・・瞬殺です。・・・10秒持つかどうか!!

引かなくなった時点で餌はすべて取られているのです。

それをそのままにしておくと、なんとタコベイトの足を食いちぎっていくのです。下の写真ではまだ投入間もないので足は残っているのですが暫くすると足がすべて食いちぎられて頭だけになってしまうのです。

 

では、どう対処したか!!

イカも通常より太めにして長さも通常の1.5倍ぐらいにして折りたたむような感じで針に付けましたそうすることによってフグと格闘しながらも鮭を釣ることができるようになりました。それぞれの工夫があろうかと思いますが、少しでも海中に餌を置いておける時間を長くすると。いうことで大きな餌をつけるということとともに苦労したのが、赤イカです

・・・通常ではやらないであろう赤イカの製造です。

それは出来上がった赤イカを塩蔵(これでもか位の塩の量)それでも徐々にフグに食いちぎられていきますが餌としての働きが数倍延長しました。してそのままクーラーの中に入れておいてもシーズン中は腐ることがないであろう状態にしました。

 

さて、これで十分な鮭の釣果を得ることができたかというと・・・。

今年につきましてはオホーツク海全体においていえることかもしれませんが鮭の回帰数は例年並みなのかもしれませんが沿岸に回遊数鮭の量が極端に少ないでした。

当然そうなると釣れる量もすくなくなるわけで、オホーツク海で例年釣りをする釣り師は非常に苦労したものと思われます、例年の半分以下という釣り師がほとんどでしょう。

 

地球の温暖化ということで海水温が上昇したということも一因でしょう、しかし今年に関してですと日本海側が豊漁・・・・これには納得できない事実があるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来年のサケの状況について断定はできませんが、年々回帰が早くなってきています。

鮭釣は8~9月がメインになってきています。早めに対処する必要がありそうですね!!